So-net無料ブログ作成
検索選択

生まれた~!その4:ベビちゃん命名とその後 [自分のコト]

四女誕生の翌週25日はお七夜。

そう。命名です。

長女、次女、三女と「○お」という名前なので、四女も「お」がつく二文字の名前を考えねばならないわけで・・・

漢字の意味を重視したいので、オットと字典をにらめっこ。

そして決まった名前は・・・『荷央』。

「荷」は、蓮の花の意味があるそうで。

蓮って、泥がないと咲かないのです。

困難なこと(=泥)があっても、まっすぐ茎を伸ばして、大輪の花を咲かせて欲しいな。

そんな願いをこめて・・・

DSC_011706.jpg

お七夜では、両家祖母がお赤飯やら煮物やら腕をふるってくれました。

手前の長女は私からの手紙を読んでいるところ。

お七夜で、今回の妊娠中にいろいろ思うところを長女・次女・三女へ手紙を書いて渡しました。

長女がお手伝い頑張りすぎて学校で泣き出しちゃった事、

何も言わなくてもすぐ家事を手伝ってくれる次女、

私が昼寝するといつも三女がお布団かけてくれたり、

妊娠中にそれぞれが私とベビちゃんのために頑張ってくれたなぁと思う。

そうして新しい家族を迎えることができた感謝の気持ちと

親としての思いを込めて。

 

余談ですが、この日から長女がインフル発症・・・

長女、2階に隔離され、ここでもアロマ大活躍。

ラベンサラ、ユーカリラジアータ、ティーツリー、レモンの精油で

マスクにシュッシュッ[ダッシュ(走り出すさま)]

部屋にシュッシュッ[ダッシュ(走り出すさま)]

その2日後に、三女、次女の順で発症・・・

三女、次女も2階に隔離。

次女は体力あるせいか、熱もさほど上がらずすぐに回復したのですが、

三女が水分とるのを拒み、熱がなかなか上がりきらなくて、ずぅーっとグズグズが・・・

最終的に足湯して、うなじにタオルで温湿布したら、ようやく40℃まで熱が上がって

汗をかいてすっきりしました。

何より心配だったのが、お世話にきてくれている両家祖母にうつらないかどうか。

結局インフル騒動は1週間ばかり続きましたが、大人も四女もうつることなく終わりました。

ほっ・・・

 

昨日で床上げ。

三女出産時は一ヶ月這い這い生活でしたが、

今回は最初の1週間を這い這い生活で(骨盤が緩みまくりのガタガタでとても歩けなかった)

2週目は座り始め、3週目には起きて歩き、4週目で簡単な家事を始めました。

いよいよ、日常生活に戻ります。

さらば~冬眠極楽生活~~~(笑)

DSC_011705.jpg

三女と四女。

20140208_155856.jpg

にへら~~~と寝ながらよく笑います。

たまにくっくっと声をたてて笑ってます。

鼻がつまりぎみで、ぷぅーぷぅーと鼻が鳴っているのが可愛い(笑)

20140202_151905.jpg

ど・アップ~[exclamation×2]

濡れるとくるんくるんの髪は長女似。

目は次女似。

顔の輪郭は三女似。

新しく仲間入りしました。よろしくね[るんるん]


生まれた~!その3:アロマ的出産 [自分のコト]

さて、無事に生まれましたところで・・・

第四子の今回は、妊娠中に性別を聞いてなかったんですが、

なんとなーく子ども達も私も女の子がいいなぁーなんて思っていて。

お風呂で出産するにあたり、くもっちゃうのでメガネをはずしていたのですが、

視力0.04乱視ありのボヤケた視界ながら、

生まれたてホヤホヤのベビちゃんの股間をまず見ちゃった(笑)

そんで「あー、女の子だぁ」と第一声だったわけです。

 

生まれると、赤ちゃんを金澤さんに抱っこしてもらいながら(へその緒はついたまんま)、

お風呂から上がり、お風呂場すぐ近くの部屋へ移動[ダッシュ(走り出すさま)]

敷いておいたお布団に横になって、へその緒をオットと子ども達で切ってもらいました。

DSC_011702.jpg

へその緒、入刀~(笑) 

それから、後産。

その間、ベビちゃんは温かくくるんでもらって、皆に抱っこ。

DSC_011703.jpg

髪がふさふさしてるとベビちゃんの頭が寒いらしく、お帽子をかぶらせてもらいました。

DSC_011704.jpg

長女、次女も代わりばんこに抱っこ。

この後、長女は3時間目から学校へ。

次女は「赤ちゃんと一緒にいたい」と幼稚園をお休みしました。

 

あ~、大仕事終わった~っ[exclamation×2]って感じ。

お風呂上りのゆるーい脱力感が気持ちよくて、何よりお産そのものが楽しかったな~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

今回の妊娠を通して、子ども達も私たち夫婦もイロイロ話し合う機会も増えて、

ひとつの成長の機会となったかなー。 

念願の水中出産も出来たし、

オット・子ども達も立ち会えて、家族全員でベビちゃんを迎えることができて大満足[黒ハート]

 

さて、その3では、今回の妊娠出産で活躍したアロマのご紹介~~~

[かわいい]妊娠線予防・乳液

ローズウォーター+マカデミアナッツオイル

精油・・・ネロリ、マンダリン、フランキンセンス、ラベンダー(タスマニア産)

[かわいい]妊娠後期の腰の痛み

ホホバオイル

精油・・・カモミールローマン、ラベンダー(タスマニア産)

[かわいい]陣痛始まってからのルームフレグランス(ディフューザー)

精油・・・ジャスミンAbs、ネロリ

両方、通常の半分以下で微かに香る程度に。

[かわいい]陣痛緩和促進のトリートメントオイル

ホホバオイル+マカデミアナッツオイル

精油・・・ジャスミンAbs、クローブ、ネロリ、マンダリン

オットに腰とお腹をマッサージしてもらいました。

このオイルは後陣痛にも、すっごい良かった[exclamation]

痛みがすぅーとひいて、とっても楽になりました。

後陣痛は、お産を重ねる毎に痛みが強くなるので、今回はとっても重宝しましたよー

[かわいい]産後の肩~背中のトリートメントオイル

ホホバオイル

精油・・・ゼラニウム、サイプレス、ラベンダー(タスマニア産)、マンダリン

産後5日間は、金澤さんが訪問検診してくれますが、その時に

産婦さんの背面のマッサージもしてくれるのです[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]ありがたや~~

その際、使用もらいました。気持ちよかった~

[かわいい]産後の清拭に

洗面器に熱めのお湯を入れて、タスマニア産ラベンダーを数滴垂らす。

タオルを絞って、顔や体、髪を洗えない間は頭皮を拭くと、いい香りに包まれて

さっぱりします。

お産って原始的な行為だなぁと思います。

本能が研ぎ澄まされるというか、哺乳類の原点に還る感じというと大げさ?

産後は子宮の回復の為に、目を休ませて水をなるべく触らないように、頭をなるべく洗わない、

というのは昔の知恵なのでしょうね。

産後すぐの骨盤が緩みきっている時、蛍光灯の明かりがなんだか神経がざわざわするので

オットに照明をおとしてもらいました。

何より水を触りたくなくて。でも、顔とかはさっぱりしたい・・・

そんな時に精油を垂らしたお湯で絞ったタオルは何より最高に気持ちが良かったです。

特にフランス産ラベンダーよりタスマニア産ラベンダーがお気に入りでした。

[かわいい]産後のビデに

ティーツリー精油を垂らして。

悪露の匂いも気にならなくなります。

[かわいい]産後のボディケアオイル

ホホバオイル

精油・・・サイプレス、ジュニパー、グレープフルーツ、ゼラニウム

むくみ、セリュライト、ダイエットに最強精油達です。

意外に香りの相性も良し[るんるん]

このオイルでお腹のマッサージするようにしたら、毎日お通じが[揺れるハート]

[かわいい]番外編:ハーブティー

36週あたりからハーブティはコチラを。

生活の木 ティーバック生活の木 ハーブティー 有機 マザーズ ハーブティー ラズベリーリーフブレンド 30個入 (Tree of Life)

生活の木 ティーバック生活の木 ハーブティー 有機 マザーズ ハーブティー ラズベリーリーフブレンド 30個入 (Tree of Life)

更に鉄分強化~~~[ダッシュ(走り出すさま)]単品のネトル、ローズヒップ、ダンデリオンルートを

100均のティーバックに入れて一緒に抽出。

産後3週間くらいまでは、ポットに入れて、こればっかり飲んでました。

それと、悪阻の時から重宝したのがコレ↓

ポンパドール ルイボスティー オレンジ 1.75g×20P

ポンパドール ルイボスティー オレンジ 1.75g×20P

  • 出版社/メーカー: 日本緑茶センター
  • メディア: 食品&飲料

友達Nちゃんがくれて、すっかりハマッてしまったので、Amazonで定期購入してます。

アイスでもホットでも美味しくて、香りも爽やか~

ヤカンで20分ほど煮出すと、更にGood~[手(チョキ)]

子ども達も好んで飲んでいます。

 

アロマテラピーしてて良かった~と今回しみじみ思う。

それは不快症状を緩和できるだけでなくて、

いい香りに包まれるって、やっぱりシアワセです[黒ハート]

精油の作用も大事だけど、何より「自分が好きな香り」であることがイチバン[exclamation×2]

今回は、振り返ってみるとタスマニア産ラベンダーとマンダリン、ネロリを好んで使っていたかな。

自分のカラダと向き合って会話できた気がします。

アロマテラピー万歳~[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

その後のアレコレとベビちゃんの様子は、その4へ続く。


生まれた~!その2:水中出産 [自分のコト]

なんだか前フリがダラダラして、なかなか話が進まなくてスンマセン・・・[たらーっ(汗)]

 

んで。

水中出産にあたり、年末に風呂場の大掃除をオットにやってもらい、数日前に風呂釜清掃も。

すっかり綺麗になった(はず)のお風呂に欠かせないのがお塩。

消毒の意味もあるそうで。

今回はヒマラヤのローズソルトというピンク色の岩塩を使いました。

天然紅色岩塩 ヒマラヤピンク ミル用粗粒タイプ300g入

天然紅色岩塩 ヒマラヤピンク ミル用粗粒タイプ300g入

  • 出版社/メーカー: かがみ食品
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

もともと私がアロマバスソルトやバスボムを作るのに使用していたものだったのですが、

調べてみたらばヒマラヤ産のローズソルトを使うとそのミネラル成分が羊水と近いものだそうで。

まぁ本当かどうかは知らないし、

たまたまうちにあっただけですけど、そりゃちょうどいいや~と(笑)

このローズソルトに、ネロリ精油を2滴垂らしてお風呂にIn~[いい気分(温泉)]

 

さて、毎度お世話になっています助産師の金澤さんが8時ごろ到着。

かなざわさん助産院HPはコチラ↓

http://kanazawa-josanin.sakura.ne.jp/ri_ye_shikanazawa_zhu_chan_yuan/ri_ye_shi_kanazawa_zhu_chan_yuan.html

陣痛も間隔が短くなってきてはいるのですが、「ふぅ~」と深い呼吸で痛み逃しできるので楽ちん。

あんまり楽に痛み逃しできるので、正直、これで本格的な陣痛がくるのかしらん?

とちょっぴり不安になるくらい。

でも、金澤さんに診てもらうと子宮口もかなり開いてきている状態だそうで。

私の周りで、子ども達がちょろちょろと様子を見にきたり、

なんだか平和~な感じで陣痛が進みました。

9時ちょっと前に金澤さんに「そろそろお風呂に入る?」と言われ、湯船にちゃぷん。

あ~、お風呂ってシアワセ~~~[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

いつもよりかなりぬるめの38℃設定。

でも、意外にカラダが冷えてたみたい。

ふぅ~とカラダとココロがゆるみます。

痛みの波が少しずつ間隔が短くなってきて、だんだん痛みも強くなってきて。

オットが湯船に腕を突っ込んで、痛みの波がくると腰をさすってくれます。

たまに金澤さんが赤ちゃんの心拍チェック。

子ども達がお風呂場の椅子に座ってるけど、もぅ私は自分の世界(笑)

痛みがひくと、次の陣痛の波にそなえてふぅーと思い切り脱力してリラックスしてお湯に浮いて。

ただただ、あ~もうすぐ赤ちゃんに会えるんだ~という思い。

痛みがどんどん、どんどん強くなってきて。

「あ、生まれるね」という金澤さんの声。

湯船の中で自然にクルッと体勢を変えていきんだ途端・・・

頭が出た[exclamation×2]

さっと金澤さんが入ってきて、介助してくれます。

もうひとふん張り・・・つるんっ・・・生まれた~っっっ[exclamation×2]

ふぅ~・・・

オットの腕にもたれかかって、「女の子だー」

DSC_011701.jpg

その3に続く。


生まれた~!その1:いよいよか!? [自分のコト]

いやはや、お久しぶりぶりでございます。

さて、まずはご報告。

1月17日 午前9時44分。

四女が誕生いたしました~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

かれこれ1ヶ月ぶりのブログ更新[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] 

「産後の針仕事は目をつぶす」なんて昔から言われますように、

産後に読書やケータイ・PCなど目を疲れさせると子宮の復活が悪くなるそうで

・・・まぁケータイは見てましたけどね、さすがに。

だってメール無かったら、ホントに外界との接触が皆無なんだもーん(笑)

 

さて、そんな久しぶりのブログ更新はお産話から。

 

予定日は1月25日だったのですが、16日に満月ということでなんとなーく16日前後に生まれる気が。

三女もちょうど新月の日に生まれていて、すっごいスピード出産だったのですよ。

迷信じゃないの~[exclamation&question]という人もいるでしょうけど、私は関係あると思うなぁ。

助産師さんところにあった月暦カレンダーみたら、1月16日の満月は「今年最小の満月」なんだそうな・・・

えぇぇぇ~[たらーっ(汗)]最小~[exclamation&question]

そもそも、満月に大小あるの[exclamation&question]

40オンナの出産、満月の引力パワーでもないとね~なんて期待していたのに、

今年最小とかいって大丈夫かい・・・とおもむろに心配に(笑)

 

とはいいつつも、14日頃から明け方の前駆陣痛が結構本格化してきました。

この「今日くるか?」というカウントダウンな感じ?

なんとなーく家族の中でもソワソワした感じが面白いです[グッド(上向き矢印)]

16日の夜、寝る前に子ども達がお腹に口をつけて「あかちゃーん、出ておいでー」。

その声が聞こえたのか。

今年最小の満月パワーか。

たまたまベビちゃんが出る気になっただけか。

17日の6時頃からなんとなーく定期的にお腹が張ってきました。

布団の中で「お。きたな」と思って、時間を計ってみたらば、7~8分間隔。

6時半過ぎまで様子見て、これはいよいよかな、と思ったので

まずは出勤準備するオットを足止め(7時前には家を出ちゃう)。

助産師さんに連絡して、お産予定の部屋とお風呂の準備です。

「お産予定の部屋とお風呂の準備」?

そう。今回は・・・自宅水中出産[るんるん][るんるん][るんるん]

三女も前住んでいたアパートで自宅出産だったのですが、

今回はさらに水中出産にLet’sチャレンジ~~~[パンチ]

ベテランと言われるよりチャレンジャーでいたい(笑)

・・・というのは冗談ですけど、もともと長女妊娠中から水中出産したくて

そのために水中出産できる助産院探しまでしていたんですよ。

が、私、大学卒業後すぐにスノーボードでやんちゃして背骨を圧迫複雑骨折しちゃいまして・・・

その後遺症の為、初産は大きい病院じゃないと心配だということで

結局、市立病院でお産したんですね。

まぁその時に同室となった縁で、もはや子育ての戦友とも言えるまほまほと出会えたり。

人との出逢いを思うと、その時その時の選択って本当に意味があるなぁと思う。

・・・ちょっと話がずれちゃった(笑)

さて、長女次女をお産して、もう大丈夫だろうと三女からは自宅出産に。

自宅出産、経験しちゃうともぅ本当に楽チンでねぇ~

家族でお産を迎えることが出来るし。

オットや子ども達の生活は変わらないし。

何より自分がリラックスできるし[揺れるハート]

続きは、その2で。

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。