So-net無料ブログ作成

夢の『川崎市こども夢パーク』へ行く。 [コドモのコト]

さて、外遊び子育てサークル『はだかんぼう』の夏休みスペシャル遠足で、

『川崎市こども夢パーク』へ行ってきました。

http://www.yumepark.net/

南武線の津田山駅から徒歩10分程度。

うちの最寄の百草園駅からだと、乗り換えも入れて小1時間ほどの場所です。

DSC_0473.JPG

 

川崎市がこども権利条例の施行にあたり、こどもがのびのびと遊べる居場所づくりとして

作られた施設で、HPにはこのように載っています(抜粋)

  • ありのままの自分でいられる場
  • 多様に育ち、学ぶ子どもの居場所
  • 自分の責任で自由に遊ぶ場
  • つくりつづけていく場
  • 子どもたちが動かしていける場

ここの所長さんには、NPO法人フリースペースたまりばの理事長の西野博之さんが就任されていますが、

http://www.tamariba.org/

以前2回西野さんの講演を聴かせていただく機会があり、そのお人柄にすっかり大ファン[黒ハート]

気負ったところがまったくないのに、大きく大きく包み込んでくれるような温かさのある方で、

そのお話には、ついつい目先にとらわれがちな子育て中の私たちの肩の力をフッと

楽にしてくれるパワーがいっぱい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

是非、小学校PTAの講演会とかで呼んでいただきたいものです。

その西野さんが運営を委託されている『夢パーク』。

以前から子ども達を連れて遊びに行きたかったところだったのでした。

 

さて、10時半ごろ到着。

小学生の姉兄たちは「わぁ~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]」という歓声と共にさっそく「遊んでくるっ[ダッシュ(走り出すさま)]

銘々に飛び出していきました。

DSC_0479.JPG

『となりのトトロ』に出てきそうな昔の井戸。

まだ使えます。井戸水を出すのに夢中になる人たち。

DSC_0481.JPG

建物の2Fにはこんな巨大ハンモック。

実はヘリコプターカーゴネット、と言って文字通りヘリで荷物を運ぶのに使用するネット。

プレーパークではよく目にします。

DSC_0489.JPG 

手作りのウォータースライダー[るんるん]よく滑る~~~

DSC_0507.JPG

スライダーの行き着く先は・・・泥水池・・・

DSC_0520.JPG

全員で滑る、滑る~

 

いやぁ~遊んだ、遊んだ。

小さい人たちもいるし、帰りのことを考えて14時には「帰るよ~」

「ええ~っ」「もっと遊びたーいっっっ」とゴネゴネの小学生姉達は放っておき。

既にチビ達は眠そう~・・・帰りの電車で寝るな、こりゃ・・・

 

茶色い泥水を頭から滴らせている子ども達をシャワーで洗い、着替えて帰路へ。

「うわ~また来たい[exclamation]」「すっごい楽しかった[exclamation]」と小学生女子が盛り上がる中、

電車待ちのベンチに「疲れた・・・」とぐったり座る小1男子のI。

ひざにひじを乗せてぐったりうなだれながら

「あぁ~・・・遊びすぎちゃったなぁ・・・どうしてあんなに遊んじゃったんだろう・・・」

と後悔する姿が、さながら呑みすぎちゃったサラリーマンのようで母達大爆笑(笑)

きっと楽しすぎてセーブなんかできなかったんだよね(笑)


夏の恒例、秋川BBQに行く。 [コドモのコト]

もう5年ほどになるのか、友達のRちゃんファミリーとの秋川BBQ[レストラン]

既に夏休みの恒例行事?となって、子ども達のお楽しみでもあります。

5年たってさらに子どもが1人増え、2人増え・・・来年にはさらにもう1人増えるのか・・・

今回は肉3キロに、あらびきウィンナー700g、焼きそばに、大玉スイカ持参。

 

さて、朝8時にRちゃんちで集合した後は、子ども達はRちゃんちのワンボックスに移って出発っ~[車(RV)]

思った以上に道がすいていて、予定よりかなり早めに到着したかと思いきや、

いまだかつてないほど、川原には既に団体さんがいっぱい・・・

それでも、川原沿いの駐車場が空いていて、例年よりかなり楽に荷物が移動できました。

ここの良いところは、川沿いが大きな木陰になっていて、川に入らなくてもとても涼しくいい気持ち~[揺れるハート]

子ども達はもちろん川遊びへ直行です[ダッシュ(走り出すさま)]

DSC_0397.JPG

小さな魚をつかまえるのに夢中。

DSC_0400.JPG

「おちゃかな(お魚)いるかな~」

DSC_0406.JPG

「やっぱり釣りでしょ」

DSC_0410.JPG

「釣ろうとすると魚が逃げる~」「エサがダメなのかな?」

・・・こんな調子で、午前中は母達が肉を焼く間ずぅっと川遊び。

おかげで親もたらふくお肉食べれました(笑)

DSC_0154.JPG

特売のステーキ[exclamation]特大のわらじサイズ(笑)[exclamation]

さすが特売品、たまーに噛み切れないほど固い筋が(笑)

 

 

さて、昼近くから遠くでゴロゴロゴロ~・・・[雷]

天気怪しいね~と話していると、だんだーん日が翳って暗くなって・・・

これはマズイ、と大急ぎで焼きそばを作ってタッパーにしまい、後片付けしていると、

ああ~降り始めてきてしまった~・・・[霧]

「え~」「スイカはぁ?」「スイカ割りしたい~」とぶぅぶぅ言う子ども達を

とりあえず日野に帰ってからスイカ割りしよう、となだめて帰路へ。

 

帰り道も意外にすいていて、空は暗くて相変わらずゴロゴロいっているけど

雨はほとんど降っていない感じ。

Rちゃんちに着いて、家の前でスイカ割りすることに。

DSC_0417.JPG

チビは目隠しなしでお姉ちゃんと一緒に。

DSC_0421.JPG

「もっと右!」「そこ!」「あ~・・・外れた~・・・」

DSC_0459.JPG

命中!

DSC_0472.JPG

これ、これ[るんるん]割れたスイカを更に手で割ってかぶりつくのがスイカ割りの醍醐味だよね~[るんるん][るんるん]

大玉スイカ、あっという間に完売。

甘くて美味しかったな~

 

結局、1時間ほどRちゃんちで遊んで帰りました。

念願のスイカ割りも無事できたし、長女も次女も寝るまで何度も「今日は楽しかった~[黒ハート]

これぞ夏休み(笑)


8月のパン教室。 [つくるコト]

なんだか今週はパンのお勉強WEEK(笑)。

7月が都合つかなかったので、久しぶりのパン教室です。

今回は講師メニューオンリーで。

まずは、『ストロベリーパフ』

DSC_0149.JPG

パン生地に苺ジャムとカスタードクリームを包み、さらに上にシュー生地をかぶせたもの。

仕上げにチョコで線描き。完全におやつパンですね。

DSC_0150.JPG

粉砂糖バージョン。

DSC_0152.JPG

シュー生地無しで、旬のブルーベリージャムとカスタードクリームを挟んだアレンジ。

ワタシ的には、これが一番好き・・・

DSC_0151.JPG

『パン・ド・カンパーニュ』。いわゆる田舎パン。

発酵種を使って、本生地を仕込みます。ライ麦ではなく、小麦のごくノーマルなタイプ。

サンドイッチが美味しい[揺れるハート]

クープ(切れ込み)は、こないだのセミナーでマリオ先生がやっていたのを早速真似してみました。

 

お楽しみメニューは、『オランジェ・ババロワーズ』。オレンジのババロワです。

DSC_0155.JPG

生クリームではなく、板ゼラチンとプレーンヨーグルトを使って作るので、

オレンジの風味とあわさってとっても爽やか~~~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

夏にぴったりのデザートでした。

 

今回は夏休みなので、子ども達も一緒。

講師友達のまほまほとは、長女こはるちゃんとうちの長女の出産予定日が同じご縁で、

母親教室で出会い、結局3日違いのお産で同室で再会し、それ以来

初めての子育ての酸いも甘いも共にかみ締めてきた(?)いわば戦友(笑)。

したがって、子ども達も生まれた時からの幼友達な訳で、

学校の長期休みくらいにしかゆっくり遊べないので、こんな時はもう遊びに夢中。

お店屋さんごっこに大盛り上がり~[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

思えば泣く子どもを背負いながら、おっぱいをあげながら、おむつを替えながら、

パンを習っていたあの頃・・・なんと今は楽になったことか~

まぁでも、第四子が生まれたらばまた、そんな日々が繰り返されるんですけども・・・(笑)

 

3年がかりで勉強した講師クラスもあと残すところ2~3回となりました。

なんとか、出産前には講師クラスを修了できそう。

振り返ってみると、本当に一歩一歩の積み重ねだなぁー・・・としみじみ思います。

次は教師めざして、頑張るぞう~[パンチ]

 


2013 Séminaire de l’été ~製パン夏季セミナー~ [つくるコト]

今年も行ってまいりましたよっ、夏季セミナー[ダッシュ(走り出すさま)]

場所は同じく有明TOC。

妊婦なのでなるべくゆったり座りたく、朝6時半にオットと一緒に家を出て、京王線各駅停車で新宿へ。

私、朝がほんとに弱くて。

うぅぅ~・・・朝日が目にしみるぅ~・・・とぼやいていたら、毎朝この時間に出勤のオット苦笑い。

毎日お仕事ごくろうさまです・・・

さて、友達のまほまほと新宿で待ち合わせして、りんかい線に乗りいざ会場へ。

おおっ、モニター正面の1番前が空いているっ。ラッキー[揺れるハート]

 

今年の講師の先生は、カナダ・モントリオールからマリオ・フォーティン氏。

世界中で製パンのコンサルタント(マクドナルドの特別メニューなどの開発や、スーパーなどで販売する

パンの開発などを担当)の他、4年に一度開催される製パンワールドカップの審査員や審査委員長も

つとめてらっしゃる方だそうです。

 

さて、肝心のパンは、今年は6種類。

DSC_0148.JPG

『ホットクロスバンズ』。サルタナレーズン・クランベリー・胡桃の入った甘いブリオッシュ系。

DSC_0145.JPG

『モントリオール・ベーグル』。白胡麻が香ばしい~。

成型が「ええ~っ」というほど斬新なやり方で、会場からどよめきが(笑)

私も成型で何度も苦心してるので、これは本当に受講して良かった[ぴかぴか(新しい)]

ちなみにNYベーグルとモントリオールベーグルの違いは、

ケトリング(湯通し)があるかないかですが、今やその境界線はあいまいだそうで・・・

DSC_0142.JPG

左は『ライトライブレッド』、右は『アイスワインブレッド』。

DSC_0143.JPG

ライトライブレッドの方は、発酵種を使用したいわゆる田舎パンですが、

このようにスライスして、スモークミート(パストラミ)でサンドイッチが主流らしいです。 

発酵種も無駄が出ないレシピで、これも目からウロコ。

『アイスワイン』とはモントリオールが特産のデザートワインで、非常に甘口の白ワイン。

なななんと、お値段は1本200mlで安くても3000円はするお品だそうで・・・

そのアイスワインをまるまる1本使い切ってしまうなんて、なんちゅう贅沢なパン・・・

発酵種をアイスワインで仕込み、本生地ではリンゴの角切りが入ります。

でも。甘口の白ワインなら代用可ということで。

そうなると『ただの白ワインブレッド』?

DSC_0141.JPG

『ホットドッグギディー』。これも面白かった!

バンズ型にすれば、ハンバーガーバンズ。

先生曰く、味はマクドナルドのバンズとほぼ変わらないものらしい。

(カナダのマクドナルドの開発も手がけてるだけにすごい説得力(笑))

フィリングがまた、非常にシンプルな味付けなのに絶妙でした。

DSC_0146.JPG

『グルテンフリーピッツァクラスト』。

文字通りグルテンを含まないので、小麦粉不使用。

グルテンが内臓に負担をかけてしまうという病気の方向けに開発されたようです。

うーん・・・今回どれも良かったけど、これだけは作らないかな・・・

グアーガムにキサンタンガム、グルテンフリーのベーキングパウダーと、かなり色々入ります。

 

もう怒涛のように午前が終わり、お昼は・・・じゃーんっ[ぴかぴか(新しい)]

おなじみ『なだ万』の懐石弁当~~~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

DSC_0137.JPG

あああ、煮物が美味しいよぅー。湯葉、大好きー。とペロリ完食。

今年も美味しかった~[黒ハート]

お高いセミナー代には、これらお弁当と、お土産も含まれます。

今年のお土産は、ハイテク版ピザカッター(こないだノーマルタイプを買ったばかりだったのに・・・涙)と

JHBS特製クレープメーカー。

クレープメーカーは4年前に販売終了したそうですが、既にお持ちになっているベテランの

師範・教師クラスの先生方からはひそやかな嘆きの声が聞こえました・・・

ワタシ?もちろん持っていなかったので、嬉しかったですっ(笑)

持って帰ったら、子ども達も大喜び[グッド(上向き矢印)]

前に『ルルとララのわくわくクレープ』を借りてきてクレープ作りした長女は、

「夏休みのうちにクレープパーティしようよ~」と1人でウキウキしてました(笑)

ルルとララのわくわくクレープ (おはなしトントン21)

ルルとララのわくわくクレープ (おはなしトントン21)

  • 作者: あんびる やすこ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: 単行本

 

さて、午後は睡魔に少々負けてしまいましたが、お待ちかね試食タイム~[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

試食プレートはこんな感じ。

DSC_0140.JPG

上のサラダみたいなのがギディーフィリングになります。

真ん中のゼリーは、なんと特別にアイスワインでゼリーを作ってくれました。

カナダでは「ゼリー」ではなく「ジェロー」を呼ぶそうで。

ワインの香りがとても上品。

ライトライブレッドはパストラミサンドを期待したけどパンだけかぁ・・・残念。

だけども、どれもこれも美味しかった[るんるん]

モントリオールベーグルと、ライトライブレッド、ギディーのバンズは是非に作ってみたいなー。

マリオ先生は本当に分かりやすくて、実際に教室や家庭で活用できるポイント盛りだくさんでした[揺れるハート]

あ~、朝早くて疲れたけど、楽しかったーーーー[ダッシュ(走り出すさま)]

DSC_0147.JPG

カナダ版ジャムおじさん、といった感じのお茶目なマリオ先生。ありがとうございました~

 

 


次女、ひとりっこ気分の日。 [コドモのコト]

さて、夏休みとなると何かと多い体験企画。

そのほとんどが小学生向けだったりするので、3年生の長女ばっかりが理科教室だったり、

自然体験だったり、日帰りで檜原村へ行ったり、キャンプに行ったりな訳です。

親としては、次女にもこの夏休みに何か次女だけのスペシャルがあってもいいんじゃないか、と。

そこで昨日は、おばあちゃんちに長女・三女を預けて、次女スペシャルの日となりました[ダッシュ(走り出すさま)]

 

行ってきたのは、武蔵小金井市民交流センターにて公演の東京バレエ団『眠れる森の美女』。

JR武蔵小金井駅前にある、すっごくおしゃれで近代的な施設でした。

パンフレットと、長女たちへのお土産にオリジナルシールを買って、座席へ。

DSC_0120.JPG

ギリギリでチケットをとったので2階席でしたが、バルコニー席だったのでまるでオペラの桟敷席みたい[グッド(上向き矢印)]

夕方の公演だったけど、満席です。

一昨年・その前の年と2年続けて、次女がまだ小さかったので長女だけ連れて

レニングラード国立バレエ団の公演を観にいったのですが、

生のオーケストラが演奏するので壮麗・華麗だけど、ちょっと舞台とは距離感がありました。

今回は生の演奏ではないけれど、その分ちょっと身近で親しみがある感じ。

解説も演劇風で、バレエ入門には子どもにとってはこちらのがいいのかもしれません。

 

公演そのものも、オーロラ姫は手足が素晴らしく長くて顔が小さくて綺麗だったし、

デジレ王子はさすがに上手な男性ダンサーだったし、

私的には悪の精霊・カラボスと良い精霊・リラの精がとりわけ良かったです。

前に観たレニングラード国立バレエの『白雪姫』も『シンデレラ』でも、

悪いお后や、意地悪な継母役(なんと男性ダンサーがやっていました!)が

本当に素晴らしくて、鳥肌が立つほど圧倒的な存在感で印象的だったです。

 

さて、公演が終わると18時。

今度は立川へ出て、高島屋9階の『鼎泰豐(ディンタイフォン)』へ。

http://d.rt-c.co.jp/

言わずと知れた「小籠包」(ショウロンポウ)で有名なお店で、ランチタイムにはいつも行列のできる

お店でもあります。

点心好きなうちのムスメ達全員連れて行くにはいくらお金があっても足りなくなりそうなので(笑)

こっそり次女と二人だけで特別ディナーです[るんるん]

豚肉・ホタテ・蟹味噌の3種類の小籠包の盛り合わせ、

海老・豚肉入り蒸し餃子、野菜・豚肉入り蒸し餃子、

豚まん、鶏肉の紹興酒漬け・・・どれもこれも美味しい~[ぴかぴか(新しい)]美味しすぎるぅ~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

デザートに、杏仁豆腐と愛玉ゼリー[黒ハート]

サービスのオレンジジュースも飲んで、大満足(笑)

DSC_0125.JPG

お腹いっぱい幸せいっぱいになって、帰りました。

夜は長女も三女もいないので、親子三人、川の字になってお休みなさい~[夜]

いつもは、小さいおかあちゃんばりに三女のお世話をしてくれる次女。

夜も次女が三女を寝かしつけてくれているけど、たまには甘えるだけのこんな日があってもいいよね。

疲れたけど、私自身も楽しかった一日でした[黒ハート]

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。