So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年、春いろいろ。 [その他]

うわ~、もう4月も半分過ぎ[exclamation&question]

忙しいというか、なんちゅーか・・・4月ってバタバタですよね~・・・

今日はまとめて『春』ネタで。

 

長女次女のクラス替えに保護者会、三女のサークルでは新たな試みが始動して、

楽しい反面、毎日何かしら追われてる感じなこの数週間。

工作好きな長女には喜ばしい事に、元図工の専科だった先生が担任となり、

大幅なシャッフルとなった新しいクラスのお友達とも早くも家を行き来したり。

次女は、公立幼稚園12年ぶりの新人採用(なんと狭き門・・・)となった若くて可愛い~先生が担任となり、

もともとクラス関係なく子ども達が仲良い幼稚園なので、クラス替えも違和感なく新・年長となりました。

 

さて。

うちの長女次女、野草ハンターです。

春といえば、ノビル、ツクシ、タケノコ、ヨモギ、カンゾウ・・・

近所へ遊びへ行っては、ノビルとツクシを山ほど摘んできますが、

我が家では摘んできた人が洗って下処理をするルール。

母が、面倒くさいので(笑)

DSC_0058.JPG

こんな感じ。ちなみにこれはツクシのハカマ取り。

定番タケノコではタケノコご飯、土佐煮、ヨモギで草餅、ツクシの甘辛炒め、

ノビルの餃子・肉味噌・麻婆豆腐など。

今年のヒットは、ノビルの餃子。

キャベツとノビルのみじん切りに、豚挽肉、オイスターソースと塩麹、胡麻油だけ。

旨みたっぷりの甘みがあって、さっぱりとして美味しかった~[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

75個作った餃子は、あっという間に完食しました。

ノビルはまだ当分食べられるので、もう一度作って食べたいな~ 

 

今年はソメイヨシノは早かったですね。

入学式には、ほとんど散り始めていましたよね。 

家のすぐ脇の程久保川では、八重桜の並木道となっていて、ちょうど10日前が満開[かわいい]

DSC_0059.JPG

4月14日の写真。 

八重桜はソメイヨシノより濃いピンクなので、ぽってりした花がとっても可愛いです。

満開の花が最近の強風に散り、吹き溜まりの花びらを子ども達が両手で抱えて遊んだり、

川面がピンクになってそれもまた一興[グッド(上向き矢印)]

今日あたりで、もう花はオシマイ。

これからは、夏にかけて恐怖の毛虫道となります(笑)

 

最後に一冊、絵本のご紹介。

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では春といえば『イースター』。

そのイースターうさぎの絵本が最近の次女の大のお気に入り。

ふわふわしっぽと小さな金のくつ

ふわふわしっぽと小さな金のくつ

  • 作者: デュ・ボウズ ヘイワード
  • 出版社/メーカー: PARCO出版
  • 発売日: 1993/08
  • メディア: 大型本

実は、この絵本。

近所の図書館で定期的に本を整理する際、廃棄される『リサイクル絵本』でした。

たまたま私が行った時に見つけて、いただいてきたもの。

ちょっと長いですが、コレ、子育て中のお母さんに是非オススメしたい素敵なお話です。

世界中で5匹しかなることができない”イースターバニー”。

子どもの時から”イースターバニー”になることが 夢だった”ふわふわしっぽ”(←名前)。

やがて、大人になったふわふわしっぽは結婚して、21匹の子どもに恵まれますが・・・

 

夢を持ち続けることとは・・・?

子育てもまた、自分の夢にさらに近づくことができる大切なこと・・・

そんな風に思えるお話です。

三女と共に過ごすのも、あと1年・・・

三女と共に過ごすから出来ることも、いっぱいあります。

この1年は私も夢への土台作りと思って、今のこの時を目一杯楽しみたいな[パンチ]

 

 

DSC_0062.JPG

川沿いの公園では、藤が満開。

DSC_0061.JPG

友達Jちゃんが、年1回しか作らないという幻[exclamation&question]の『レモンタルト』を お土産に久しぶりに来てくれました[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

ありがと~う[exclamation]美味しかったよ~[揺れるハート]

 


三姉妹の春休み。 [コドモのコト]

さて、春休みです。

長女は、卒園した幼稚園の卒園児旅行で27日から2泊で八ヶ岳。

次女は、27日から3泊でワタシの実家へ。

三女は、28日から1泊でオットの実家へ。

今回は、3人それぞれバラバラでお泊りとなりました。

 

長女次女については、まったく何の心配も不安もなく。が・・・ 

三女は、今まで姉達と一緒なら両方の実家にお泊り経験があるのですが、ひとりは今回初めて[ぴかぴか(新しい)]

しっかり者の次女は2歳から、1人でお泊りもへっちゃらでしたけど、三女は果たしてどーかなー・・・

親もドキドキです。

 

27日。 

姉二人とも不在なので、久しぶりに三女とワタシの二人だけ。

いつもなら。

夕飯前に姉妹でお風呂に入り、ご飯を食べ、夕飯の片付け後に絵本を読んであげたら、

そばで姉二人が起きているなか三女だけ自分の布団に入り、勝手に寝てくれるのですが・・・

 

お風呂はワタシも一緒に入らなきゃいけないしー。(←アタリマエ)

いつも子ども部屋で子どもだけで寝ているところ、オットとワタシの布団の横に三女の布団を敷き、

寝るまで傍にいなくちゃいけないしー。(←アタリマエ)

長女次女が、普段いかに三女の子育てに貢献してくれていたか、ありがたさが身にしました・・・

いつも怒ってばかりの母でゴメンよ・・・

思えば、長女ひとりの時はこんなだったんだな~と、妙に新鮮な気持ちになりましたです、はい。

 

28日。

三女はオット実家へ。

オットとワタシだけの晩御飯はなんとなく作る気がしないというか・・・

普段子どもがいると食べられないメニューにしようととりあえず豚キムチに決定したものの、

なんとなーく時間をもてあましちゃうというかー・・・自分をもてあましちゃうというかー・・・

何したらいいのか分からんまま一日終わり(笑)

 

29日。

夕方、長女をお迎えのあとに、三女をお迎えにオット実家へ。 

母の心配をよそに、いざお泊りしてみると全然へっちゃらほいの三女でした。

「もういっかい泊まる~」とのたまわっては

「いや。明日は、おばあちゃん用事あるから」とあっさり却下され(笑)

 

次女はもう一泊するので、長女・三女だけの夜。

なんだか妙に静か。

5歳違いなので、あまりケンカにもならない分、キャーキャーはしゃいで遊ぶ事もなく。

ふーん、次女の存在って長女と三女の”橋渡し”的な役割もあるんだなー。

長女三女だけだと、なんとなくアンバランスな感じ・・・

長女も「なんか静かだねぇー」と物足りなさそうでした。

 

30日。

夕方、ワタシの仕事が終わってから次女をお迎え。

実家母が新宿駅のホームまで送ってくれました。

大満足の顔の次女、電車が出発した途端・・・

なんと、ワタシの上着に顔を押し付けて泣きはじめ・・・

そのまま調布まで声を押し殺して号泣。

きっとジイジ・バアバといい時間を過ごしたのだろうな~

お土産を大事に握り締めて、泣いていました。

 

距離で言ったら、うちの実家なんて1時間圏内。近いのですよ。

だけど、次女にとってみたら、そんな理屈じゃないんでしょうね~

ただ『別れ』が寂しい。

うん、うん。大事だよねー、そんな気持ち。となんとなくしみじみしちゃう母。

今回の春休みは、なんだかあっという間に過ぎちゃいましたが、 

ワタシも、姉達のありがたさに気づかせてもらったり、次女の心の動きにジーンときたり、

三女のますますヘンテコぶりに笑ったり。

なかなか気づきも多く、楽しい春休みでしたよ[るんるん]

DSC_0055.JPG

4月1日、高幡山へ行ってきました。散り始めた桜を見て、三女が「お花の雪だよー」

DSC_0057.JPG

2日は久しぶりの雨の日。

1歳から新5年生まで子ども総勢12名の昼食は、さながらTVの大家族[exclamation]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。