So-net無料ブログ作成

あれこれざっくり・・・夏休み7月。 [コドモのコト]

ざっくりシリーズ(もういいの、シリーズで・・・)、夏休み7月号。

夏休み始まるやいなや、お楽しみがまっていました。

それは・・・

『箱根旅行』~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

イェイ・イェイ~~やった、やったぁ~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

オット父であるおじいちゃんの会社の保養所が箱根・強羅にありまして、

なんと義母もまだ一回も行ったことがなく、義父が来年の3月で完全退職(68歳)となる前に

是非一度は皆で行こうじゃないか[ダッシュ(走り出すさま)]と話がまとまりました。

ところが・・・

「おれ、その日仕事休めなくなった・・・」と、オット。

えええ~[exclamation&question]

慌てて義母に電話すると、あっさり

「あ、おにーさん(←オットのこと)いなくても、行くでしょ?」

そういう選択肢もアリですかー[exclamation&question]もちろん、行きますよー[ダッシュ(走り出すさま)] 

・・・というワケで、オット両親、義弟、ワタシとムスメ4人で行くこととなりました。

 

車でいくのもいーけど、ロマンスカー乗りたいわ、と義母。 

あー、いいですねー[るんるん]寄木体験あるみたいですよ。やりませんか?とワタシ。

あらー、いいわねぇー。やりましょ、やりましょ。と義母。

こんな感じで大雑把になんとなくの予定が決まって出発です。

DSC_0641.jpg

おしゃれなブルーのロマンスカー。箱根湯元まで。

箱根湯元で登山バスに乗って、寄木体験へ行きました。

義母、私、長女、次女、三女とも寄木体験に夢中になりすぎて、画像なし(笑)

コースター、作ってきました[黒ハート] 

DSC_0665.jpg 

登山バスで箱根湯本に戻り、次は登山列車へ。

DSC_0700.jpg

そしてケーブルカー[exclamation] 

アジサイで有名ですが、7月半ば過ぎてもまだ山の上のほうでは綺麗に咲いていましたよ♪

 

義父の保養所は、20年前に建てられたと思えないほど近代的でモダンな建物でした。

お部屋が豪華[ぴかぴか(新しい)]食事も豪華[ぴかぴか(新しい)]

布団も豪華にフカフカすぎて、夜中に蹴り飛ばしてましたけど・・・(笑)

 

翌朝は、強羅公園へ寄ってから

DSC_0706.jpg

ロープウェイへ。

DSC_0721.jpg 

ロープウェイで長女が

「これ・・・ぜったいに落ちないよね?」

・・・そう信じて乗るしかありませんが・・・

同乗していた外国人連れの方が笑っていました(汗)

大涌谷、到着。

大涌谷、といえば・・・黒たまご[exclamation×2] 

DSC_0733.JPG

おじさんがこうやって、玉子を茹であげてます。

硫黄のにおいがすごい~

DSC_0735.JPG 

大涌谷のてっぺんまで、ワタシと長女・次女・三女で登りました!

はぁ~疲れた。

登りで「足がちゅかれて(疲れて)くる~」とぼやいていた三女ですが、

頂上で黒たまごを二袋買ってもたせたら、下りは

「くっろたっまご~くっろたっまご~くっろたまっごったらくっろたまご~[るんるん][るんるん][るんるん]

と大声で歌いながら、飛び跳ねて下っておりました・・・

他の観光客の方々から笑われながら・・・

さて、桃源台まで再びロープウェイで降りて、次は海賊船です。

DSC_0742.JPG

3種類くらい海賊船があって、どれもカワイイです。

DSC_0754.JPG 

船内には、こーんなトリックアートも。

樽はホンモノではありませーん。

今までいろんな遊覧船乗ったけど、この海賊船が一番風が爽やかで気持ちよかった~[るんるん] 

元箱根で下船して、行ってみたかった寄木細工のお店へ。

それがココ。『寄木細工 うちはら』

http://www.e-yosegi.jp/ 

地元の若手アーティストさんの寄木細工も扱っていて、それもまたモダンで素敵 [黒ハート]

長女・次女に旅先でひとつ好きなものを買ってあげる約束していたのですが、

二人ともここで若手アーティストさんの寄木ボタンのヘアゴムを選んでいました。

寄木ボタン、カワイイ~[揺れるハート]

ワタシは同じ作家さんの箸置きを家族分で6個。家に帰ったら、ハンダで名前を入れよ[るんるん]

 

箱根湯元までは再度登山バスで。

満席でちょっと子どもたちにはつらかったかな・・・湯元からはロマンスカーで帰京です。

DSC_0760.JPG

義母が「お父さん、来年もまた来たいわねー」

義父、苦笑い・・・お義父さん、ありがとう[黒ハート]楽しかったですぅ~[黒ハート][黒ハート]

 

最初にこんな箱根旅行という大イベントが来ちゃって、大丈夫[exclamation&question]夏休み[exclamation&question]

という感じですが、まぁなんだかんだ、小学生も忙しいものです。

 

25日には、『ゴミ探検隊』 。

日野市クリーンセンターへ行ってまいりましたー。

17 - 6.jpg 

エコくま、エコあら、そして、じゃーん!ゴミゼロマン[exclamation]レッドとヴェルディだ~っ[exclamation×2]

レッド、若干小柄だとLINEでトモダチから指摘が・・・まぁまぁまぁ・・・

ちびっこには内緒ですが、この日の中身はボランティアの日野高生です(笑)

17 - 7.jpg

中央の制御ルーム。

クリーンセンター、実は究極のエコ施設であります。

ゴミ燃焼による発電でほとんどの電力をまかなっており、東京電力からは全体の2割程度しか

購入していないとか。

17 - 4.jpg 

可燃ゴミのピット。

今でこそ深さ30mあるというピットのほとんど底が見えるくらいゴミ減量しましたが、

その昔ワーストいくつと言われた時代には、この柵のところまでゴミが溢れていたそうです。

 

この日、すさまじい猛暑日でしたが、いろいろな方がクリーンセンターで働いていました。

猛暑日、トタン屋根だけがある場所で汗だくになってビンの仕分けをしたりしている職員さんを見て、

冬はきっと川風が吹きさらしになるんだろーな、と思いました。

生きている以上、ゴミを出さずにはいられませんが、見えない舞台裏でこのように

いろいろな方が私たちのゴミを再利用したり、処分してくださっているんだなーと思い

なんだか胸があつくなりました。

積極的に資源ゴミ回収でだせるようにしていましたが、それよりもスーパーとかの

回収に戻すほうがいい理由なども教えていただいて、ゴミへの意識がまた変わった気がします。

うーん、大人にももっといっぱいこういう見学の機会があるといいのにな。

 

学校では、プールがあったり、サマーチャレンジ(任意参加の算数の特別授業)があったり、

次女は児童館のディキャンプで、交流センターで水遊びとカレー作りしたり、

私はせせらぎ農園さんのバジルソース作りワークショップで、大なべに大量のソースを作ったり、

長女・次女でボランティアセンター主催の夏のボランティアで2日間の手話講座へ通ったり。

ああ、あとアナ雪のDVD買った友達と4家族子ども総勢11名で映画鑑賞会もしたな。 

こうして、夏休みの7月はこれまたあっという間に過ぎていったのでありました~ 

 

おまけ:

17 - 8.jpg

四女、おすわりできました~

17 - 2.jpg

と思ったら、つかまり立ちまで~。

嗚呼、そんなに早く大きくならないでぇ~~~ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。